気まぐれ鉄道撮影記

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/12/30 2015年の撮り納め  

20151230 1 0017レ
◆0017レ:7003編成“LSE” 特急 「はこね17号」 箱根湯本行

20151230 2 478レ
◆478レ:103+107+108 箱根湯本行

2015年の撮り納めは箱根登山鉄道。
1500Vの区間でLSEを撃ってから、旧型車を求め600Vの区間へと向かいました。
唯一の吊り掛け駆動である<サンナナ>こと103+107の編成が108のおまけ付きで来てくれたので大満足。
思い返してみればモハ1形、モハ2形共に全車稼働していたので、ラッキーでした。
低い吊り掛け音を隧道内に響かせながら80‰の下り勾配をゆく姿はとてもかっこよかったです。
スポンサーサイト

2015/8/29 臙脂帯を求めて  

20150829 1 42レ
◆42レ:1001編成 普通 大月行

この前写真の整理をしていると小さい頃の自分が京王5000系と
一緒に写っている写真が出てきました。
当時5000系は事業用車化された3両が残されるのみで
その写真は3両の引退を記念したメモリアル撮影会で撮影されたもの。
2004年はまだ6000系も本数があり、乗る機会もそこそこ多く
馴染み深かったため6000系、それも2色帯の方が好みでした。
時が経ち、改めて写真に写るアイボリーの車体に
臙脂帯の巻かれた車両を見てみると臙脂帯もかっこいい。
そんなことが富士急に出向くきっかけでした。
しかし夏休み最終の週間天気予報には曇りマークが並び晴れそうにない。
でも近いうちに撮りに行きたい。
なら夜に行ってみよう、と暗くなり始めたころに家を出て灯りのある踏切で待機。
真っ暗な踏切の向こうから眩しい2灯の前照灯が見えると
アイボリーに臙脂帯の巻かれる車両が姿を現しました。
欲を言えばスカート外して通風口付けてほしい
次回は晴れた日の日中に行きたいですね。

2015/4/26 帝都を追って上州へ  

20150426 1 1000レ
◆1000レ:デハ101 臨時 中央前橋行

20150426 2 28レ
◆28レ:716編成 中央前橋行

20150426 3 1002レ
◆1002レ:デハ101 臨時 中央前橋行

この日、全国で一日中晴天という予報。
この天気を無駄にするわけにはいかないと始発で上毛電鉄へ行ってきました。
デハ101の臨時運行がお目当てでしたが、元京王3000系である700系もお目当ての一つ。
京王沿線民としては外せない被写体でした。
HM無しの編成を待つも、なかなか来てくれず撮れたのは一枚だけという結果に。
デハ101の方は菜の花とのカット一枚、被り付きのカット一枚。
1001レで失敗してしまったのが痛かったです。
コマ単価の悪い結果に終わってしまい、効率の良い撮り方について考えさせられる日でした。

2015/3/30 春を求めて房総へ  

20150330 1 11レ
◆11レ:キハ202 養老渓谷行

20150330 2 15レ
◆15レ:キハ208+キハ205 上総中野行

20150330 3 23レ
◆23レ:キハ211 上総中野行

20150330 4 38レ
◆38レ:キハ206+キハ204 五井行

20150330 5 29レ
◆29レ:キハ211 上総中野行

3月下旬、菜の花が見ごろを迎えたことから小湊鐵道へ行ってきました。
菜の花の鮮やかな黄色にキハ200のツートンカラーが良い感じですね。
菜の花畑の近くで撮影していると地元の方が俯瞰の撮影スポットを教えてくださったので
行ってみるとジオラマのような景色が広がっていました。
更に田んぼには水が張っていて水鏡も期待できそう、ということで
俯瞰1発目は普通に撮影してみて2発目はミニチュア風に。
たくさんの収穫に満足して房総の地を後にしました。

2015/3/27 車齢87年の老兵  

20150327 1 600レ
◆600レ:コデ165 回送

黄色い車体に側面の青い稲妻が特徴的なコデ165。
鉄道省のモハ30166として製造され、国鉄・相鉄・伊豆箱根と渡って
5回も改番されて現在に至る車両だそう。
車齢87年である今も事業用車両ながら現役。
そんな歴史ある車両を撮りに行ってきました。
背景のうるさい場所が多く撮影場所に困りましたが最終的には面縦で・・・。
吊り掛けの独特な音を奏でて、検査から明けた後輩を迎えに行きました。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。